お問合せ

セミナー・研修会について
中央労働災害防止協会(中災防)
労働衛生調査分析センター
TEL 03-3452-6377
FAX 03-3452-4807
E-mail: kagaku@jisha.or.jp

 

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

化学物質(化学物質の管理、リスクアセスメント、SDS、有害性調査、情報等)

GHSとは

 

2003年7月に「化学品の分類および表示に関する世界調和システム」 (The Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals:GHS) が国連勧告として出されました。 GHS は化学品の危険有害性を一定の基準に従って分類し、絵表示等を用いて分かりやすく表示し、 その結果をラベルやSDS(Safety Data Sheet:化学物質等安全データシート)に反映させ、 災害防止及び人の健康や環境の保護に役立てようとするものです。

その後GHS文書の改定作業が行われ、2005年7月には改訂版が出版され2年ごとに改訂が行われています。 最新の英語版など国連公用語のGHS文書(通称:パープルブック)の入手方法は 国連欧州経済委員会UNECEのWebサイト 別ウィンドウが開きます を参照下さい。

なお、GHSの日本語版への翻訳(改訂初版)は関連省庁が共同で作業を行い、 厚生労働省、経済産業省、環境省などのWebサイト等で閲覧あるいはダウンロードできるようになっています。

また、GHS関係省庁連絡会議では、化学物質のGHS分類を進めており、 その分類結果は独立行政法人製品評価技術基盤機構のWebサイト 別ウィンドウが開きます に掲載されています。

 

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター