ホーム > 北海道安全衛生サービスセンター

北海道安全衛生サービスセンター

セミナー・研修会一覧

安全衛生図書情報

センター所長のお薦めの一冊

フルハーネス型墜落制止用器具の知識 -特別教育用テキスト-

コメント

安全衛生管理に携わる方のみならず人事労務担当者の方でも、墜落災害防止のための措置として、安全帯からフルハーネス型墜落制止用器具へという動きは大きな関心があるようです。特にフルハーネス型墜落制止用器具を使用させるにあたり、特別教育をどうやって実施するか課題とされておられる方も多いかと思います。
このような方の要望に応えるものとして「フルハーネス型墜落制止用器具の知識-特別教育用テキスト-」が刊行されました。
ここで、墜落災害防止について意識する項目を挙げると次のとおりです。

墜落災害は業種を問わず、数が多く怪我の程度も重大である。
作業床の設置と当該作業床の端や開口部からの墜落防止措置が基本である。
様々な職場で作業床が設置できない場合が多く存在し、このときは、例外はあるが原則はフルハーネス型墜落制止用器具を使用する。
フルハーネス型墜落制止用器具を使用させるときは特別教育を実施する。

これを踏まえますと、墜落災害防止は建設業など特定の業種に限らず全ての業種の事業場にとって優先して対策をとるべき事項であり、なかでも作業者への特別教育は速やかに行うべき課題です。
本テキストでは様々な業種における作業を念頭におき、フルハーネス型墜落制止用器具の取り扱いを中心にしつつ、はしご、脚立、倉庫作業など様々な場面のイラストや災害事例を盛り込んで編纂されています。作業者の特別教育テキストに用いるほか、管理者の皆様にも一読いただきたい書籍となっていますのでご利用ください。

中央労働災害防止協会編
B5判 /144頁/2色刷
定価972円(本体900円+税8%)
発行年月日 20181017
第1版
NO.503 (23312)
※キャンペーン期間中は3桁のコードとなります。
ISBN No.978-4-8059-1825-8 C3060

目次

第1章作業に関する知識
第2章フルハーネス型墜落制止用器具に関する知識
第3章フルハーネス型墜落制止用器具等の使用方法
第4章労働災害の防止に関する知識
第5章関係法令
付録参考資料

新刊・改訂 図書情報

*上記はショッピングサイトで購入できます。

トピックス

2018年11月27日
2019年3月5日(火)開催(旭川市)の「RA研修」の会場が変更になりました。
2018年11月8日
11月21日(水)、22日(木)開催(旭川市)の「化学物質管理者選任時研修(爆発・火災防止)」、「化学物質管理者選任時研修(健康障害防止)」は中止となりました。
2018年11月7日
センター所長のお薦めの一冊を更新しました。
2018年11月6日
2018年10月16日
職長等のためのステップアップ教育」の受付を開始いたしました。
2018年5月15日
室蘭市で開催予定の「職場リーダー向けリスクアセスメント研修」の日程が変更になりました。
2018年3月1日
平成30年度のセミナー・研修会日程を掲載しました。