ホーム > 労働安全衛生活動 表彰

労働安全衛生活動 表彰

中央労働災害防止協会(中災防)では、産業界における労働安全衛生活動その他に多大な貢献をされた方々に対し、各種表彰制度を設けています。

中央労働災害防止協会 会長賞

中央労働災害防止協会 会長賞

中災防の事業活動に深い理解を有し、産業安全及び労働衛生の推進向上に努め、著しい成果を収めるとともに、広く地域又は業界に対しても普及啓発に尽くし顕著な功績が認められる企業又は団体に対して中央労働災害防止協会会長賞を贈り、これを表彰しています。

令和2年度

株式会社 明治 (東京都中央区)

「安全は全てに優先する」を労働安全衛生ポリシーとし、職場の安全確保に継続的に取り組むとともに、各事業所に労働安全衛生マネジメントシステムの運用を定着させ国際規格の認証の取得を積極的に進め、他の企業の模範となる顕著な成果をあげられました。

顕功賞

篤志家の寄附を財源に、労働災害防止運動の推進に寄与することを目的として、研究、考案等により労働災害の防止上顕著な功績をあげた方に顕功賞を贈り、これを表彰しています。

令和2年度

神代 雅晴 様(産業医科大学 名誉教授/株式会社エルゴマ研究所 代表取締役/一般財団法人日本予防医学協会 前理事長)

長年にわたり人間工学分野をベースとした労働安全衛生の第一人者として研究に従事し、特に高齢者就労を促進するためのエンプロイアビリティの評価手法開発とその向上に尽力することにより、我が国の高齢者雇用の学術的基礎の構築に多大な貢献をされました。

清水 英佑 様(公益財団法人産業医学振興財団 理事長)

長年にわたり化学物質の発がん性と変異原性に関する研究や公衆衛生に係る人材育成に従事されるとともに、各府省の審議会委員を歴任されるなど社会的活動にも尽力され、我が国の化学物質による健康影響の予防に多大な貢献をされました。

宮下 和久 様(和歌山県立医科大学 理事長・学長)

長年にわたり手腕系振動障害の予防研究に従事され、特に健康診断結果等を活用したコホート研究の成果は、同障害による労働災害を著しく減少させ、また、国内外の同分野における他の研究にも広く活用されるなど、我が国の産業保健水準の向上に多大な貢献をされました。

中央労働災害防止協会 緑十字賞

長年にわたり我が国の産業安全又は労働衛生の推進向上に尽くし、顕著な功績が認められる個人及び職域グループ等に対して緑十字賞を贈り、これを表彰しています。

受賞者

令和2年度 89名

感謝状の贈呈

中災防では平成26年度より、当協会が行う労働災害防止に関する事業活動の推進に多大な貢献をした団体、個人に対し、その功績をたたえて感謝の意を表すため、中災防理事長から感謝状を贈呈しています。

中小企業無災害記録証の授与(中小企業支援のページ)

金賞楯

中小企業が自主的に安全衛生活動を進める上で目標となるよう「中小企業無災害記録証授与制度」を設けています。 表彰状 この制度開始以来、経営者、従業員が一丸となって安全衛生活動を進め、無災害記録を達成した多くの事業場に無災害記録証が授与されています。

表彰状